家庭で使用するエネルギーを全て電気でまかなえる

給湯や暖房、キッチンなどで必要となる熱エネルギーは、元来は電気と都市ガスもしくはプロパンガスを併用するのが主流でした。「オール電化」は、このような熱源のすべてを電気のみでまかなうシステムです。オール電化のスタイルを取り入れた住宅のことを「オール電化住宅」「全電化住宅」と呼びます。


お風呂
「お湯」が安く使える

オール電化の最大のメリットは、光熱費の中でも大部分を占める「お湯」や「暖房」にかかるコストを安く抑えることができるという点です。

電気の単価がガスよりも安くなる夜間にお湯を沸かすエコキュートや電気温水器を使うことで、お湯を安く作ることができます。エコキュートは、夜間に沸かしたお湯をタンクに溜めておき、そのお湯を日中に使うことができます。

 

ガス

住宅内に熱源がないので安全

オール電化は、ガスのように住宅内に熱源を引き込みまないため、ガス漏れや不完全燃焼での一酸化炭素中毒の心配性がありません。炎が発生しないので、ガスコンロよりも火災に対する安全性が高いです。

また、汚れにくくフラットなため、お手入れがラクです。

 

水道震災時における水道水の確保

震災時は電気・ガス・水道の中でも、一番早いのは電気の復旧とされています。水道の復旧には約1週間かかるとされており、電気に比べるとやはり時間はかかり、完全復旧までに約3週間かかる場合もあります。

エコキュートがあれば、震災時などに、エコキュートや電気温水器のタンク内の水を一時的な生活用水として使用することができます。※飲用水としては利用できません

 


自宅をオール電化にできる設備一覧

 

エコキュート
オール電化エコキュートはヒートポンプで大気の熱をくみ上げてお湯をわかすシステムです。
ヒーターを使わないので省エネで電気代もお得です。
▶ エコキュートについて詳しく見る

 

IHクッキングヒーター

IH
IHクッキングヒーターで毎日の料理をもっと「楽しく」もっと「美味しく」。
さっとひと拭きで、汚れもピカピカに。
▶ IHクッキングヒーターについて詳しく見る

 

オール電化についてソーエネに問い合わせる