ロケット技術を応用した”塗る断熱材”

快適な住空間を創出する断熱セラミック塗材

ただ塗るだけで「夏は涼しく」「冬は暖かい」「騒音が減って」「イヤなにおいも無くなる」

そんな魔法のような効果が実際に上がっています。ロケットの先端部分には「塗装で断熱する」という技術が使われています。

この技術を応用し、一般用に転用したのが「GAINA」です。

 

 

 

 

内装に施工して冷房効果を高める

室内空気温度がいくら低くなっても、壁・天井の温度が高ければ、熱は室内へ侵入します。ガイナを内装に施工すると、エアコンをつけたその時から、エアコンの冷気温度とガイナ表面温度が適応することにより、熱の移動を最小限に抑えます。

 

ガイナを施工すると、体感温度は下がる

室内空気温度が20℃で、壁・天井の表面温度が40℃である左図の部屋の体感温度は30℃となります[(20℃+40℃)÷2=30℃]。ガイナを施工した右図の部屋は、室内空気温度が同じ20℃でも壁・天井の表面温度が室内空気温度に順応し、体感温度が20℃となり、その差は10℃も低くなります[(20℃+20℃)÷2=20℃]。

 

 

 

 

                            内装に施工して暖房効果を高める

室内空気温度がいくら高くなっても、壁・天井の温度が低ければ、熱は壁・天井から逃げます。ガイナを内装に施工すると、室内空気温度とガイナ表面温度が適応することにより、熱の移動を最小限に抑えることができます。

 

 

                          ガイナを施工すると、体感温度は上がる

室内空気温度が30℃で、壁・天井の表面温度が10℃である左図の部屋の体感温度は20℃となります[(30℃+10℃)÷2=20℃]。ガイナを施工した右図の部屋は、室内空気温度が同じ30℃でも壁・天井の表面温度が室内空気温度に順応し体感温度が30℃となり、その差は10℃も高くなります[(30℃+30℃)÷2=30℃]。

 

 

 

 

ガイナの特殊セラミックで音を反射・制振

ガイナの塗膜は、硬いセラミックの中に空気を含んだ球体の多層で構成されています。音は、セラミックで反射し、空気で吸収を繰り返す構造になっています。さらに、塗膜内で多層となったセラミックの効果により、塗膜内に侵入してきた音も、その振動を軽減することで音を小さくします。

 

 

 

数々の実験でも驚異の実績を残しており、実際のお客様からのお声でも「近所の同じ造りをしている家の方は家が寒いと言っていたのに、うちは暖かい」とGAINAの効果を実感する声を頂いています。

ご自宅の屋根も壁もいずれは傷んできて塗装をする必要があります。ただ色を変えるだけの塗料なのか”塗る断熱材”の塗料なのか、あなたはどちらを選びますか?

 

GAINA〜日進産業ホームページはこちら

http://nissin-sangyo.jp/

関連商品

  1. 貯水タンクにもなるエコキュート

    エコキュートはガス給湯器と比較して圧倒的なランニングコストの差があります。さらにタンクには常に水が溜まっており、災害などの非常には貯水タンクとして使用する事ができます。エコキュートがあれば、水が止まってしまったとしても水を使ってトイレを流すことや手を洗う事ができます

  2. ソーエネ太陽光発電システム

    電気を創る「太陽光発電」ソーエネはシステムインテグレーターとして、自社オリジナルシステムによる太陽光発電をご提案しています。独自の仕入れルートで各機器メーカーより直接仕入れる事で、太陽光パネルやパワーコンディショナ、設置するための金具にいたるまでこだわり抜いたオリジナルシステムを完成させました。

  3. 料理をもっと楽しく!IHクッキングヒーター

    購入されたお客様の90%以上は「満足している」と答えているIHクッキングヒーター。人気の秘密は、掃除の手軽さです。汚れてもサッとふきんで拭くだけの簡単お掃除。長く使っていたとしても綺麗さを保つ事ができます。

  4. 「いつもの我が家」を作る蓄電池

    電気を貯めて使える蓄電池。設置しておくだけで、自動的に蓄電・放電の切り替えを行います。月々の電気代が10,000円ほどのご家庭であれば、ほぼ1日分の電力を賄えるほどの大容量12kWhを実現。停電時・災害時にも家全体に電気を共有できるので、万が一の時でも安心して生活ができます

  5. 家じゅうの電気をコントロール【LET’Sソーエネ】

    LET’Sソーエネは、ブラウザ上で発電量や消費電力量をチェックできるHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)です。 消費電力量や電気料金などが具体的な数字となって見えるので、どれくらい節電したらいいのか、どれくらい節約になっているのかが、ひと目で確認できます。

ページ上部へ戻る