転用って何?

フレッツ光からの「転用」とは

 2015年2月にNTT東西が光回線サービスの卸売を開始したことにより、「光コラボレーション」と呼ばれる仕組みが始まりました。これにともないNTT東西以外の事業者が、光回線と各社独自のオプションサービス(インターネット接続や携帯電話など)を組み合わせ、消費者に販売できるようになりました。ソーエネ光はこの「光コラボレーション」にあたります。

 「転用」とは、NTT東西と光回線契約(フレッツ光)をしている人が、NTT東西から光回線の提供を受けた事業者(光コラボレーション事業者)に、光電話(IP電話)の電話番号等はそのままで光回線の契約を乗り換えることです。

 転用した場合、契約先はNTT東西ではなく、光コラボレーション事業者となります。NTT東西との光回線の契約は解約されることに、特に注意が必要です。

転用手続きの完了まで

 転用手続きをするには、契約の勧誘や申込みの後に、消費者がNTT東西のウェブページもしくは電話から入手する「転用承諾番号」が必要です。この番号が、消費者から事業者へ、事業者からNTT東西へと伝えられ、所定の手続きが終了すると転用が完了します。

 転用完了後に、元のNTT東西との契約に戻すという事はできません。一度現在の契約を解約してから改めて申し込む、ということになりますのでご注意ください。

図 転用手続きの流れ(例))
NTT東西との転用手続きのイメージ。続いてテキストによる詳細

  1. 光コラボレーション事業者から消費者へ転用の勧誘をする、もしくは、消費者から光コラボレーション事業者へ転用の申込みをします。
  2. 消費者からNTT東西へ転用承諾番号の申込みをします。
  3. NTT東西から消費者へ転用承諾番号の払出しをします。
  4. 消費者から光コラボレーション事業者へ転用承諾番号の連絡をします。
  5. 光コラボレーション事業者からNTT東西へ転用承諾番号を連絡して必要な手続きを実施します。
  6. 手続きが終了すると転用完了となります。
ページ上部へ戻る